排卵誘発剤 副作用

Image Replacement

身体に優しい妊娠成功ガイドブック


副作用がない、体をいたわる優しい自然妊娠術とは?

13000人が妊娠成功した妊娠ガイドブックはこちら【全額返金保証付き】

排卵誘発剤はどのような副作用があるの?

gum06_ph08020-s.jpg

排卵誘発剤は副作用もあるのをご存知ですか?

排卵誘発剤を使用すると副作用があると言われています。では大きく分けてどのような副作用があるのでしょうか?

卵巣過剰性刺激症候群(OHSS)
特に問題とされている副作用が、卵巣過剰性刺激症候群(OHSS)です。

hMG-hCGホルモン注射による影響で、過剰に卵巣が刺激される事で卵巣が張れ上がってしまう状態です。

卵巣からの出血や緊急な場合が多い茎捻転などの症状があります。

腹水・胸水
卵巣が副作用で張れ始めると腹水が溜まってきます。腹水も胸水も溜まってきますが、体内の水分の変化によって生じています。

水分が腹水や胸水となって溜まるため、血液の方はドロドロになりやすく、血栓となって血管を詰まらせるような重篤な場合もあります。

胸が苦しくなっている場合など腹水や胸水が溜まっている恐れが強いので、卵巣が過剰に刺激されて起こっています。なるべく早く医師に相談すべき事項です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
多嚢性卵巣症候群(PCOS)は、卵巣内に元々沢山細胞が多くあると言われていて排卵が行われにくい病気です。

特に排卵誘発剤で卵巣過剰性刺激症候群(OHSS)の可能性が出やすい人でもあります。

多胎妊娠
排卵誘発剤を使用すると多胎妊娠しやすくなると言われています。

3つ子以上妊娠してしまう事ですが、通常排卵の際に卵子は1つですが、排卵誘発剤で排卵する場合、卵子が2つ・3つと排卵してしまう可能性があるので、多胎妊娠の可能性があります。

排卵誘発剤が怖い

gum06_ph08046-s.jpg

あなたはもしかすると排卵誘発剤が怖かったり、副作用が酷かったりしませんか?

たしかに排卵誘発剤は、大なり小なり副作用があるのは事実です。またクロミッドなどの化学合成剤よりホルモン剤の方が副作用がキツイ場合も多いです。

排卵誘発剤の副作用は個人差がありますが、適切に使用すれば怖がる事はないと言えます。
しかし、副作用に苦しんでいる人がいるのも事実です。

副作用は、排卵を誘発させる事を強制的に行う訳です。ですので、自然の摂理とは逆ですので、卵巣や子宮もダメージを負ってしまいます。

しかし妊娠するためにはそのような事を言っていられません。

子宮は赤ちゃんにとって居心地が良い子宮が大好きなんです。

しかし、
排卵してもフカフカベットであるはずの子宮がスカスカベットになってしまっては赤ちゃんに逃げられてしまいます。

もし排卵誘発剤の副作用が怖かったり、私の子宮はスカスカベットかもしれない?と思われるようでしたら、下記のサイトをご覧ください。

ふんわり温かい赤ちゃんに居心地の良い子宮にあなたを導いてくれるかもしれません。